HunterValley編 CALAIS ESTATES

午前中に3件のワイナリーを訪問した後はランチに
Crowne Plaza HotelのB1にあるレストランでいただきます。
もちろんこちらにはワインもたくさんあるんですが、ここではビール
画像

地ビールがたくさんありましたよ。で、メインはこの日もお肉を🍖
ガイドさんが言ってたんだけど、オーストラリアの人はお肉をよく焼くのが好きみたいなので、ミディアムが好みならレアでオーダーするのが良いと。
ウェルダンなんて言おうものなら真っ黒焦げの肉が出てきますよ!だって
じゃぁ、本当にレアを食べたい時はどうするのかなーなーんてどうでもいいことを考えているうちにランチも終わり、今日最後のワイナリーに向かいます。

最後のワイナリーはこちらCALAIS ESTATESさん!
画像

いやー知らないワイナリーだなー
それもそのはず、このワイナリーのワインは日本に入ってないんです。で、今日ご案内いただいたガイドさんのご夫婦が日本でも販売しようと、ワイナリーと交渉を進めているとのこと。
惚れ込み具合がわかりますね

では早速試飲に!
画像

こちらでは泡白赤甘口合わせて8種類を試飲
珍しいなって思ったのはCHAMBOURCIN(シャンブルサン)っていう黒葡萄品種、初めて聞いた!
交配品種らしいけど、親品種が不明らしいんだ
色は濃いんだけど、それほど重くはなく、そしてほのかに甘い、でもアルコール度数は14%()

たくさん試飲させていただきました

が、ナパやブルゴーニュでの経験上1日のワイナリー訪問は3件が限界かなと思っていたので、4件目でしかも8種類の試飲、しかもアルコール度数高め!
かなりきつくなってきたなー
素晴らしいワインを作っているワイナリーさんだっただけに残念です。

このワイン、今はオーストラリアでしか購入できませんが、近い将来(?)もし日本で販売しているのを見つけたら絶対購入しますね。

1日ご案内していただいたガイドさん、ツアーをご一緒した皆さん、今日1日本当にありがとうございました



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック